最新ニュース

サル用GPS首輪 GLT-02 脱落の遠隔操作が成功しました

2017年06月16日

長野県安曇野市 烏川沿いのサルの群れに取り付けられていましたGPS首輪発信器 GLT-02の脱落と回収ができました。 当社webサイトにて一般公開しておりました ANIMAL MAP で追跡していたサルです。1年以上稼働していましたが、首輪に損傷などはなく脱落機構も遠隔操作により正常稼働することが確認できました。

ANIMAL MAPをご覧いただくには、Emailアドレス&パスワードの入力が必要です。
Email : azumino@animalmap.jp Password : mirudake

回収時の状況としては、以下のとおりです。
1) 脱落コマンド送信を行った場所近くよりビーコン信号を確認。サル群れは不在だったので脱落していると判断。

2) 最も受信電波の強いことを確認し、ビーコン信号の発信元近くの林道上からリアルタイムモードを実施 → 測位点が表示される。

3) リアルタイムモード測位点をもとに探索開始 → 八木アンテナによる受信強度と方向がずれる。

4) 林内で再度リアルタイムを実施 → 林道から取得した測位点とは少しずれたところに表示される。

5) 八木アンテナによってビーコン信号のの強い方向を特定 → 発見。

GL-Link ManagerがインストールされたタブレットPCの画面

実際のANIMAL MAPの画面です。脱落させたGPS首輪の信号をキャッチし、およそ正しい位置にマッピングされています。

脱落させたGPS首輪内の全データは当社で吸い出すことが可能です。また、ANIMAL MAPを導入することによって、現地へ行くことなく最新のサルの位置情報や行動を知ることができます。導入をご検討の場合は、お気軽に当社までご相談ください。