事例

サルの獣害対策に効果的な製品組み合わせ例

A:ラジオテレメトリの技術を用いて、およその位置が分かるコスト小

monkey_photo01

サル用発信器
LT-01

サルなど小型動物の行動調査や獣害対策にお使いいただけます。

monkey_photo02

動物発信器専用受信機 IDデコード機能付 LR-03

動物発信器から送られたIDデータを液晶で表示する動物行動調査専用の受信機です。

la-03_w210x150

動物発信器専用アンテナキット LA-03

コンパクトで携帯性に非常に優れたアンテナで、受信機LR-03取付用のアタッチメント装備

この組み合わせにかかる費用は代理店にお問い合わせください

注文・お問い合わせは

usage-lt-01-w800

B:現地へ行くことでリアルタイムに位置を特定できるコスト中

monkey_photo04

サル用GPS首輪発信器
GLT-02

サル, アライグマ等の小型動物の行動調査や獣害対策にお使いいただけます。

monkey_photo05

コントローラ GLR-02
アンテナセット

タブレットPCと一体で使用し、首輪発信器との通信を担う機器 (GLR-02) です。

monkey_photo06

GL-Link Manager

専用のタブレットPC は、GPS首輪コントロールソフト GL-Link Managerをインストール済み

この組み合わせにかかる費用一式360,000円~

注文・お問い合わせは

usage-glt-02-w800

C:WEBブラウザで、いつでも動物の位置をリアルタイムに確認できるコスト高

monkey_photo04

サル用GPS首輪発信器
GLT-02

サル, アライグマ等の小型動物の行動調査や獣害対策にお使いいただけます。

monkey_photo07

ANIMAL MAP
基地局AM-01

  • 基地局設置費
  • 設置後の通信試験
  • 通信費(SIMカード)3年
monkey_photo08

動物位置情報システム
ANIMAL MAP

  • ANIMAL MAPクラウドシステム利用料
  • PC, タブレットPC, スマホ, マルチデバイス完全対応

この組み合わせにかかる費用一式1,150,000円~

注文・お問い合わせは

ANMIAL MAP システム概要

サルの獣害対策の具体例

01

群れの現状把握

  • 聞き取りなど

02

行動把握(生息地域と生息数の調査)

  • 成獣メスを捕獲
  • 発信器を装着

03

被害対策の検討・立案

  • 行動分析
  • 個体数把握(モニタリング)
  • 加害群れの特定

04

被害対策の実施

  • 追い払い
  • 群れ捕獲
  • 個体数調整

05

対策効果の検討

  • モニタリングにより継続的な効果の確認