事例

イノシシの獣害対策に効果的な製品組み合わせ例

A:ラジオテレメトリの技術を用いて、およその位置を知るコスト小

boar_photo01

イヤータグ用発信器
LT-03-9

イノシシなど動物の耳に、専用の取付ピンで取り付けます。

monkey_photo02

動物発信器専用受信機 IDデコード機能付 LR-03

動物発信器から送られたIDデータを液晶で表示する動物行動調査専用の受信機です。

la-03_w210x150

動物発信器専用アンテナキット LA-03

コンパクトで携帯性に非常に優れたアンテナで、受信機LR-03取付用のアタッチメント装備

この組み合わせにかかる費用一式130,800円 (税別)

購入・お問い合わせ

B:GPS首輪に蓄積されたログにより位置を特定できるコスト中

bear_photo01

クマ用GPS首輪発信器
GLT-01

ツキノワグマやイノシシなど大型動物の行動調査にお使いいただけます。

bear_photo03

コントローラ GLR-01
アンテナセット LA-03

GPS首輪発信器との通信を担う機器 (GLR-01), 動物発信器専用アンテナキット LA-03

bear_photo02

GL-COM

通信ソフトウェアGL-COMは、首輪との通信を担います。Android2.0以上のスマートフォン対応

この組み合わせにかかる費用は代理店にお問い合わせ下さい

購入・お問い合わせ

クマ用GPS首輪 GLT-01運用システム事例